アンティーク家具のまとめ!海外・日本で人気はイギリス?

そもそもアンティーク家具とは

憧れのアンティーク家具や、ヴィンテージ家具

アンティーク家具というと、なんとなく古いもので、物語を持った家具というイメージが湧きます。

アンティーク家具や、ヴィンテージ家具に興味を持つと、そもそもどういったものをアンティーク家具というのか、疑問に思いますよね。

今回はそもそもアンティーク家具とは何か、について紹介します。

どういったものをアンティーク家具というのか

アンティーク家具を買おうと思うけれど・・・・。

そもそもどういったものがアンティーク家具なのか、中々わからないものです。

ここではまず、どういったものをアンティーク家具というのか紹介します。

アンティーク家具や、ヴィンテージ家具には、はっきりとした定義がありません。

「アンティーク(Antique)」は英語で「骨董品」を意味する言葉です。

もとは、フランス語の「l’antique」。「古代美術品」を意味する言葉です。

「ヴィンテージ(Vintage)」の語源はラテン語で「ぶどうの収穫」を意味します。

「vintage wines」は、当たり年の優良なワインのことです。そこから特定の年代のものや、優れたものをヴィンテージと呼ぶようになりました。

アンティーク家具には、「家具が作られてから100年経ったもの」という定義があります。
100年というのは、アメリカの通商関税法が定めた輸入関税に関する規定です。

1934年にアメリカが「製造された時点から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品に輸入関税を課さない」という通商関税法を制定しました。

100年以上たった家具には輸入関税がかからないということです。関税以外の分野では、アンティーク家具にはっきりとした定義はありません

ヨーロッパでのアンティーク家具は、古いかどうかではなく、大量生産されたかどうかで判断することが多いです。

状態はもちろん、どれだけ貴重で、希少であるかといったことを重視します。

大量生産は、第二次世界大戦後から行われるようになりました。

そのため第二次世界大戦より前のものをアンティークということが多いです。

はっきりとしたものではありませんが、
「アンティーク」のほうが、「ヴィンテージ」よりも古いものというイメージはあるようです。

骨董品 出張買取 中国美術品 琴 和楽器 香木 査定 東京都 目黒区

アンティーク家具の値段

憧れのアンティーク家具を家のインテリアに加えようと思ったときに、気になるのは値段です。

アンティーク家具は古いものですが、一般的に家具の中でも値段は高めになります。

アンティーク家具の値段は、家具の国や年代、ブランドによって様々なものがあります。

人気のシリーズほど高値で取引されています。

人気のアンティーク家具は、10万円を超えるような値段がほとんどです。

お気に入りのアンティーク家具が人気シリーズではなかった場合は、思いがけない値段で購入できることもあります。

また、1点モノのお気に入りのアンティーク家具を探すことも、アンティーク家具の楽しみです。

アンティーク家具の売買はどこで?

アンティーク家具は様々なところで販売されています。

では、実際にどこで買ったらいいのでしょうか。

アンティーク家具は、アンティーク家具専門店で売買するのがおすすめです。

アンティーク家具専門店はアンティーク家具に関する知識が豊富にあります。

そのため、購入するときに、アンティーク家具に関する知識が少なくても安心です。

更に、工房があるアンティーク家具専門店なら、壊れてしまったり、破損してしまった場合に修理してもらえます。

また、違うアンティーク家具と入れ替えたくなったときなどに、売りに出す相談にものってもらえるので心強いですよね。

リサイクルショップ 出張買取 エアコン パソコン 埼玉県 志木市

リサイクルショップのケイラック

アンティーク家具の選び方のポイント

たくさんあるアンティーク家具の中から、自分の家にぴったりのものをどう選んだらいいか悩みますよね。

アンティーク家具の選び方にはポイントがあります。

そのポイントは、「サイズ」と「リペア」です。

アンティーク家具を選ぶときは、サイズをしっかり測るのがポイント。

海外製のアンティーク家具は、日本の住宅のサイズとは違います。

広いスペースに置かれることが多かったアンティーク家具は、想像以上に大きいこともあります。

ですから、置きたい場所のサイズを調べてから購入するようにしましょう。

また、アンティーク家具は、どっしりと重たいものも少なくありません。

購入した後に『重すぎて家具を動かすことが出来ない』、『クッションフロアが傷んでしまった』、ということにならないように、サイズや重さを事前にチェックすることがポイントです。

「リペア」とは修理のこと。

アンティーク家具は、古い年代のものであるため、修理をしてから販売されているものがほとんどです。

アンティーク家具を選ぶときは、家具にどんなリペアがしてあるかチェックするのがポイントです。

リペアとは実用性の面から、家具を修理する事です。

自分の好みにあった修理がなされているか確認しましょう。

海外で人気のアンティーク家具について

日本だけでなく、海外でも人気のアンティーク家具

海外ではどんなアンティークが人気なのか気になりますよね。

日本で販売されている海外製のアンティーク家具は、海外で買い付けしてきたものがほとんどです。

ここでは、海外で人気のアンティーク家具について紹介します。

・イギリス

アンティーク家具といえばイギリスが有名です。

アンティーク家具の流通量が多いイギリスでは、家具は代々手入れして大切に使い継いでいくもので、クラシカルなデザインで、色味が濃いのが特徴です。

イギリスのアンティーク家具が人気の理由は、良質で高級な木材にもあります。

アンティーク家具に使われている木材は、主にマホガニー材、オーク材、ウォールナット材などの無垢材。無垢材に施された装飾が、家具の魅力を一層引き立たせます。

The English Cabinetmaker(イングリッシュキャビネットメーカー)」や
Waring&Gillow(ワーリングギロー)」が人気。

イギリスのヴィクトリア女王の時代に作られた「ヴィクトリア様式」は、
フランスのバロック様式やロココ調などを取り入れたスタイルとして人気があります。

アンティーク家具は、家具が作られた時代背景が色濃く反映されているので、
家具が作られた時代に思いを馳せるのも楽しみの一つです。

・フランス

フランスのアンティーク家具は白くてかわいらしく、美しい装飾が魅力です。フレンチスタイルと呼ばれています。

バロック様式やロココ調、マリーアントワネットの時代のネオクラッシック、植物をモチーフにしたアール・ヌーヴォーなどが人気です。

フランスのアンティーク家具は、クラシカルで優雅なデザインの家具と、素朴でシンプルなデザインの2種類あります。

フランスでは、アンティーク家具に思い思いのペイントをするのが人気。

アンティーク家具をカラフルに彩ることで、部屋のインテリアにアクセントを加えて楽しんでいます。

・北欧

北欧の家具は、デンマークやスウェーデンなどで使われている家具。

北欧のアンティーク家具は、サイズ感が他の国の物より日本と近いことが特徴です。

時代は「ミッドセンチュリー」と呼ばれる1940年から1960年のもので、比較的新しい家具。

アンティークというより、ヴィンテージ家具と呼ばれることが多いです。

人気が高いのは、アルネ・ヤコブセンやアルヴァ・アアルトなど。

北欧のアンティーク家具は、木のぬくもりを前面に出したデザインがおしゃれです。

釘を一切使わずに木と木を接合する「組つぎ」や「留めつぎ」などの高い技法が施されています。

遺品整理 埼玉県 さいたま市 生前整理 不用品回収 不用品処分

日本で人気のアンティーク家具について

海外で人気のアンティーク家具ですが、もちろん日本でも人気があります。

日本ではどんなアンティーク家具が人気なのか気になりますよね。

ここでは、日本で人気のアンティーク家具について紹介します。

日本では上記のような海外で人気のイギリス・フランス・北欧などのアンティーク家具が人気です。

他にも、アメリカや日本のアンティーク家具も人気があります。

アメリカの「Lane Furniture(レインファニチャー)」は、創業1912年の老舗アンティーク家具ブランド

アメリカでも人気ですが、日本でも若い世代を中心に人気です。

なかでも「シダーチェスト」が有名で、人気が高まっています。

日本で人気のアンティーク家具といえば「日本」の家具。

特に大正時代から昭和初期の家具が人気です。

大正ロマン溢れる家具のデザインは、西洋と日本の文化を融合させた、日本独自のもの。

施されている細工も細かく、日本の職人技が光ります。

日本の家具は日本の家にサイズがぴったりです。

埼玉県で人気のアンティーク家具屋さんの紹介

実際にアンティーク家具を買おうと思い立ったら、どこで買おうか悩みますよね。

ここでは、埼玉県で人気のアンティーク家具ショップを紹介します。

是非参考にして下さい。

埼玉県で人気のアンティーク家具ショップを2つご紹介します。

「Bellbet Warehouse(ベルベット ウェアハウス)」と「REFACTORY antiques(リファクトリー アンティークス)」の2つです。

「Bellbet Warehouse(ベルベット ウェアハウス)」は、埼玉県東松山市にあります。
ヴィンテージ家具が豊富に揃っている人気ショップ。

ウィアハウス(倉庫)にところ狭しとヴィンテージ家具が並んでおり、これから出会う家具への期待が高まります。

工房が一体型となったウェアハウス(倉庫)が魅力です。

ヨーロッパから到着したばかりの、修理前の家具をそのまま展示しています。

工房が併設されているので、お気に入りの1点モノのヴィンテージ家具を好みに合わせて修理してくれます。

吉祥寺にショールームがあり、公式HPにはオンラインショップもあります。

「REFACTORY antiques(リファクトリー アンティークス)」は、ライフスタイルを提案するアンティークセレクトショップ。

埼玉県飯能市に店舗があり、公式HPにはオンラインショップもあります。

アンティーク家具やヴィンテージ家具の他に、陶器なども取り扱っています。

イギリスのアンティーク家具などが豊富なので、お気に入りの1点を探しましょう。
販売の他に、買取も行っています。

新築やリフォーム、店舗改装などに役立つアンティーク建材の取り扱いもあるので、相談してみましょう。

まとめ

今回は、海外・日本で人気のアンティーク家具について、ご紹介しました。

アンティーク家具といっても、イギリス・フランス・北欧・日本など、どの地域でどのような年代につくられたかによって、値段も雰囲気も千差万別です。

しかし、アンティーク家具に共通するのは、当時の職人さんが丹精込めてつくり、その後修理や修繕を重ねて、時代をこえて好まれてきた家具と言えるでしょう。

ちょっと敷居の高いアンティーク家具ですが、まずはお店を覗いて自分好みの一品を見つけるところから始めてみてはいかがでしょうか。

骨董品 高価買取 中国絵画 尺八 和楽器 香木 査定 東京 目黒

リサイクルショップ 出張買取 ソファー 家具 埼玉 志木

リサイクルショップのケイラック

遺品整理 埼玉 さいたま市 終活 不用品整理 不用品処分

スポンサード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする